VTuberがオワコンになる可能性は考えられない

VTuberの未来

 

2017年後半のVtuberブームから約1年が経ちました。

SNSや掲示板サイトでは「VTuberはオワコン」という投稿をよく見かけるようになりました。

この人たちに反論したいというわけではありませんが、私はVTuberがオワコンになることは考えられないと思っています。

この記事ではその理由を具体的に述べていきます。

 

そもそもオワコンというのは2010年頃にネット上で作られた日本語です。

ここでは「オワコン=終わったコンテンツ」という意味で話していくので、勘違いしないようにお願いします。




VTuberがオワコンにならない理由は「代替・置換」できないから

VTuberが衰退してオワコンにならないと考える理由はこの1つで十分でしょう。

世の中において代替・置換ができないものがオワコンになることは、まずあり得ません。

よく分からないという方は、下記の2項目を見てください。

 

1・あなたの頭の中に知っているVTuberを1人思い浮かべてください。

2・そのVTuberが消えてしまったとき、その代わりとなるもの、置き換わるものを想像してください。

どうでしたか?代替品、置換品が見つかりましたでしょうか?

無理やりVTuberの代替となるものを見つけるとしたら、それは「別のVtuber」になるでしょう。

 



オワコンと呼ばれているサービスの実例を見れば分かる

 

ネット上でオワコンと言われているサービスの例を下記に挙げました。(あくまで客観的意見なので、そのサービスが好きな方は申し訳ございません。)

左にオワコンと呼ばれているサービス&物、右に代替サービス&物をまとめましたので、ぜひ照らし合わせてください。

  • ニコニコ動画⇒Youtube、OPENREC、ふわっち、ツイキャス、Abema TV
  • Ustream⇒Youtube、ニコニコ動画、OPENREC、ふわっち、ツイキャス
  • mixi(SNS)⇒Twitter、Facebook
  • カセットテープ⇒CD

上記4つを見るとオワコンと呼ばれているものには、代替品があることがよくわかります。

実際にニコニコ動画で活動をしていたゲーム実況者や生放送主が、Youtuberになったり、OPENRECに移動しているのは目にしますよね?

また2011~2013年ころに若い世代で猛威を振るっていたSNSのmixiも、TwitterやFacebookに流れてしまい、今では使っている人を探す方が難しいです。

 

また1970年代に音楽媒体の主流だったカセットテープも、90年代にはCDに変わっています。

このように物、サービスを上から塗り替えてしまう「置換品」もこれまでの歴史を見ればたくさん存在しています。

Youtubeが無くなったらオワコンになるのでは?

 

これは指摘されてから気づいたのですが、確かにYoutubeというサービスが終了したら、VTuber、バーチャルYoutuberという名前には矛盾が生じますよね。

ただYoutubeが無くなったとしても、名前が消えるだけであって、キャラクター自体は別の動画配信サービスに移動して活動を続けると思われます。

何故なら、二次元のキャラクターが画面の中で、人間のように喋って反応するという独自性には、一定の需要があるからです。

これは動画サービスが無くなったからといって消えるものではありません。

オワコンになったのではなく、興味がなくなっただけ

たいてい「オワコン♪オワコン♪」と口にしている人たちは、単純にそのサービス、ゲーム、物に「興味がなくなっただけ」ということが多いです。

やらなくなったゲーム、使わなくなったサービスは、必然的に自分の中の記憶から遠のけられます。時間が経って「そういえばあれどうなったんだろう?」と思い出すまでの間、サービスを使っていないわけですから情報が一つもありません。

 

実際はそれなりの需要があって人が集まっているサービスでも、自分の中では「終わったコンテンツ認定」をしているため「○○はオワコンだ」という考えになってしまうのです。

 

オワコンというのはそのサービスが終了しない限り、その人の主観にすぎません。

興味・関心が無くなっただけで、すぐに叩く側に回る人を見ると哀しい気持ちになりますね。

視聴者の奪い合いが激化していくのは間違いない

視聴者が1日に見られる、動画や生放送の時間というのは決まっていますよね?

いくらVTuberが好きな方でも、Vtuber全員の動画や生放送を毎日チェックすることなんて不可能です。

そうなると、必然的に一番好きなVTuberのコンテンツを見るようになります。

そもそもVTuberブームが起きる前は、Youtube上に存在するバーチャルキャラクターの数が少なかったため、興味関心のある視聴者は、限られた少数のVTuberに偏っていました。

しかし2018年12月以降、毎日のようにVTuberがデビューしていったことにより、固定されていた視聴者が様々なVTuberへと分散されていきました。

 

実際、1年前までキズナアイを見ていた視聴者が、今は「にじさんじグループ」の月ノ美兎を見ているなんてことはザラですし、まだ知名度がないVTuberを応援したいという視聴者も現れます。(地下アイドルの法則)

そのため、VTuberが増えれば増えるほど、VTuber間での視聴者の奪い合いは激しくなっていきます。

 

しかし視聴者が独占された状態にあるよりも、類似コンテンツ(VTuber)が多くなっていったほうが、単体でのクオリティはアップしていきます。

他のVTuberには負けまいと、動画内容が面白いものになったり、個性が強いものになったり、独自のコンテンツを生み出したりと進化していきます。

 

VTuberを運営する側にとっては大変ですが、視聴者側からすれば良い傾向にあるので、競争が激しくなることには大賛成です。

 




 

 

コメント